Sharaku Kobayashi

  • Sharaku_Kobayashi

    日本のテクノポップユニットとして、最高峰のひとつであるFLOPPY。そのFLOPPYのヴォーカリスト兼サウンドクリエイターである小林写楽が、得意の8bitサウンドをさらに追求すべく、2015年よりソロ活動を開始した。チップチューンを演奏する時の名義「Sharaku Kobayashi」は、海外での活動を念頭にし、あえて英字表記に。また、着物を衣装に採用したり、和風のメロディーを織り交ぜることで「MADE IN JAPAN」を強調させている。楽器を持たない専任ヴォーカリストとしての活躍時期も長く、ステージパフォーマンスは実に堂々としたもの。客席を沸かせることのできる数少ないエレクトロアーティストとして注目を集め続けている。

    Links

    Twitter | Beat Surfers | Facebook | Blog